アレルギー性疾患とペット飼育について

アレルギー体質があるといわれていますが、ペットを飼いたいと思っています。大丈夫でしょうか?

まずは、すでに何に対するアレルギーがあるのかを調べることをお勧めします。もし、飼いたいと思っているペットに対してアレルギーをすでに持っている場合、飼い主さんに何らかのアレルギー症状が起き、飼育を継続できなくなることがありペットも不幸になりますので、飼育は避けてください。
現在ペットに対するアレルギーを持っていない方でも、新たに飼育することでアレルギーを獲得してしまうことがあります。ペットから出るアレルゲン(アレルギー物質のこと。主にフケや唾液、尿に含まれるたんぱく質が乾いて空気を漂う)が体に付くことで症状が出ます。具体的な症状は鼻から吸い込むと、くしゃみや鼻水、鼻づまり、気管支まで吸い込むとせきや呼吸困難、喘息症状、目の結膜に付くと目がかゆい、充血、涙が出る、舐められたり咬まれたりして皮膚のかゆみや腫れ、ひどい場合には全身のじんましんやアナフィラキシーなどです。これらの症状が認められた場合は早めに医療機関に相談してください。

ペットに対するアレルギーを予防するには、こまめなシャンプー、ブラッシング後にフケや毛を掃除機で吸い取る、同じベッドで寝ない、出来れば寝室には入れない、室内の掃除をこまめに行うなど、ペットのアレルゲンの量を減らしたり、アレルゲンとの接触時間を減らすことが大切です。

喘息やアナフィラキシーでは死亡することがありますので、十分な注意が必要です。

すでにペットを飼っていて、アレルギー症状のある方は、上記の予防方法だけでなく、きちんと治療をすることがとても大切です。

飼い主さんもペットも幸せになるには、飼い主さんの手間や努力がとても大切です。万が一飼育してからアレルギーが出てしまったために、ペットを動物愛護センターに持ち込んだり、捨てることは絶対にあってはならないことです。必ず自分で里親さんを探すか、飼育する前に万が一の場合の譲渡先を決めておいてください。一つの命を預かることは責任重大ですので、ご家族の皆さんでよく考えることをお勧めします。

またペットの中でも毛の生えていないものや水生動物(カメ、魚類、ヘビ、カエルなど)は問題なく飼育できると考えられています。

参考資料

健康情報ではありませんが、東京都福祉保健局の動物愛護のパンフレットも参考にしてください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html
環境省のHP 「飼い主の方やこれからペットを飼う方へ」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/owner.html
環境省のPDF 「犬との幸せな暮らしハンドブック」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2103/pdf/full.pdf