アレルギー性疾患と予防接種について

アレルギー体質です。ワクチンはどんなものでも打たないほうがいいといわれていますが、感染症も心配です。どうすればいいのでしょうか?

種類にもよりますが、例えばインフルエンザワクチンは鶏の卵を使って作られており、ワクチン注射液にもごく微量の卵成分が含まれています。少量の卵を食べても問題ない程度のアレルギーの方では接種は問題ありませんが、強い卵アレルギーのある方では接種は避けるべきです。

アレルギー体質といえども、ワクチン作成に使用されている成分にアレルギーがなければ問題なく接種できると思われます。

ワクチンに使用されている成分にアレルギーがあるかはっきりしない場合には、少量のワクチンを皮内注射してアレルギー反応が出るかどうかを確認してから、実際のワクチン接種をすることも可能です。

また、ワクチンは感染症を完全にシャットダウンするものではありません。日頃からうがい、手洗いをする、栄養、睡眠をきちんととる、感染症流行時期にむやみに人ごみに行かないなど、日常生活の見直しもとても大切です。