花粉症治療について

花粉症があります。毎年花粉が飛ぶ時期はとても辛いです。何か対策はありませんか?

花粉を吸い込まないことが一番の対策です。なるべく外出しない、家の外に洗濯物を干さない、マスクやゴーグルをするなどが基本になります。また東京都などの自治体ではスギ、ヒノキなど、春の花粉症の原因となる木を花粉の少ない品種に植え替えるなどの対策を行っています(下記参考資料参照)が実際の植え替えにはあと数十年かかるのが現実です。

寝不足をしない、風邪をひかない、疲れ、ストレスをためないことは自分の健康状態を維持するために最も大事な事柄です。アルコールを飲む人は症状の出る花粉が飛ぶ時期にはお酒を控えることも大切です。

このようなことをしても症状があり、日常生活に支障の出る方は、薬(抗ヒスタミン薬など)を飲んだり、鼻に薬を噴霧したり、目薬を使います。即効性はありませんが、「減感作療法」(「免疫療法」ともいう)という方法もあります。これは、原因物質(スギならスギのアレルゲンエキス)を少量、低濃度から注射していき、スギ花粉を吸い込んでもアレルギー反応を出しにくくする治療法です。最近では注射ではなく「舌下免疫療法」という新しい治療法も治験段階ですが施行されています。

当院では通常の薬物治療以外に、減感作療法も可能です。耳鼻科的な治療として、レーザー療法もあり、他院をご紹介することも可能です。

参考資料

東京都花粉症対策本部ホームページ
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/norin/kafun/sugikafun.html
厚生労働省の花粉症特集ページ
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/kafun.html